人事課より

【日本の伝説の求人広告】広告次第で会社の成長度が変わる?

【日本の伝説の求人広告】広告次第で会社の成長度が変わる? 人事課より
この記事は約2分で読めます。

どうも。WCHで最も多く幽体離脱を経験した男、萩原です。

萩原さん

昨年、世界で最も有名な求人広告の記事をUPして1年が経ちますが、今日は、日本の伝説的な求人広告についてご紹介します。

日本の伝説的な求人広告

1969年、アポロ11号が初めて人類初の有人月面着陸を成功した年の事です。

当時の日本では衝撃的なキャッチコピーの求人が新聞広告で二つ掲載されました。(2つの広告はどちらの広告も同じ企業の広告です。)

そのキャッチコピーとは……

①「出るクイ」を求む!
②英語でタンカきれる日本人を求む!

この2つです。

では1つずつ解説していきましょう。

①解説

当時の日本では出る杭は打たれるというのが常識的でした。右向け右!ですぐに右を向けるタイプの人が重宝されていたんです。

ですが、この企業は創業から出る杭たちが集まって成長してきた会社。

能力と意欲があるけども、組織の壁に阻まれている人こそ歓迎するというメッセージ。

②解説

英語が堪能なだけではなく、折衝力や、肝の大きさまで必要だという人材要件。

単に「ビジネスレベルの英会話力がある方。英語での交渉経験のある方」ではなく、あえてこういったコピーにすることで、会社のカラーも伝わってくるメッセージ。

どこの求人広告か

今回紹介したのは、いったいどこの企業の求人だと思いますか?

これはSONYの求人広告です。

50年近く前の求人ですが、その当時からグローバルに活躍するチャレンジャーを集めているわけですから、SONYさんが成長してきた理由がわかる気がします。

求めている人材を採用するためには広告の出し方も重要です。

タイトルとURLをコピーしました