3月に新宿で迷子になって絶望していた私が、5月には就活に感謝していた話。

 

ソースと間違えてメンチカツに青じそドレッシングをかけました。

 

みなさまはじめまして。

 

 

りんくんから紹介にあずかりました、

(参照:http://kudoken-presents.com/saiyou/?p=1316

 

 

内定者の清水章子(しみずあきこ)です。

 

あっこ1

 

名前が「あきこ」なので、あだ名は

 

 

あっこ

 

です。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

さて、

 

今私がどこに来ているかというと・・・

 

あっこ2 

 

新宿駅!

 

新宿駅に来ています。

 

 

 

 

私は現在、クドケングループの一つであるリスティングプラスで

バイトをしているのですが、

 

そのリスティングプラスがある場所が新宿なのです。

 

 

さらにもう一つ。

 

ここ新宿は、今年の3月にクドケンの一次選考が行われた場所でもあります。

 

 

初めてクドケンに出会った一次選考の日。

色々な意味で忘れられない日になりました。

 

 

今回は、その忘れられない日のお話しをさせていただきます。

 

 

 

一次選考の会場は、「新宿駅西口から徒歩2分」の場所でした。

 

 

そう、「西口から」徒歩2です。

 

 

しかし2分歩いても会場にはつかなかったのです。

 

 

なぜ?

 

 

正解は私が

 

 

出口を間違えたから

 

 

です。

 

こちらの写真をご覧ください。

 

 あっこ3

 

これこそ私が

 

 

「西口と勘違いして出た出口」

 

です。

 

 

この出口から出たがために、

 

私は新宿の街を30分も歩き・・・

 

 

いえ、

 

 

走り回りました。

 

 

 

そして最終的に、恥を忍んで電話しました。

 

 

 

「大変申し訳ございません。

清水、迷子になりました。」

 

「清水(22歳)、迷子になりました。」

 

 

あっこ4

 

 

 

とにかく会場にたどり着けないことと謝罪を伝えて、今日はもう帰ろう。

 

 

もう帰って寝よう。

 

 

 

うん、寝よう。

 

 

 

 

汗だくで(走ったから)そう思っていた私の耳に届いたまさかの一言。

 

 

「あ、迎えいくよ。」

 

 

 

 

 

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

え!!!!?????????!!!

 

どうして!!!!!!

 

どうせ落ちるのに私!!!!!!!!

 

どうして!!!!!!!!!

 

 

・・・どうして!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

混乱しすぎて、

 

「何か目印になるものある?」

 

 

という問いかけに

 

 

「大きな交差点があります!」

と言ったことだけは今でもはっきりと覚えています。

 

あっこ5

 

 

 

一次選考中もずっと

 

 

 

これは落ちたな。

あっこ17-2

 

 

と思いながら過ごしたわけです。

 

 

 

これはもはや選考というより思い出づくり。

 

 

 

 

しかし

 

 

なんとびっくり一次選考を無事に通過できたのです・・・

 

あっこ6

 

 

 

もしもクドケンが

 

「1回失敗したらすぐ切り捨てる」

 

というような会社だったら、私が採用される可能性はゼロですよね。

 

 

 

失敗したことよりも、

 

失敗した後どうするか

 

を見てくれていたからこそ、私は今ここにいるわけです。

 

 

 

 

 

こんな経緯もあったからなのか、この後続く

 

二次選考、三次選考、最終選考、

 

それらの選考が終わるたびに

 

泣いていました。

 

あっこ7-2

 

 

毎回

 

感極まって泣いていました。

 

あっこ7-2

 

 

 

 

もちろん内定が出た瞬間も泣いてますよ

 

あっこ7

 

 

 

え、でもちょっと待って。

 

 

「一次選考のときに迷子になったっていう思い出だけで泣いたの?

 

 

 

いいえ、

 

泣きすぎなくらい泣いたのは、

クドケンが就活生に本気で向き合ってくれていたからです。

 

 

1つの企業の選考を受ける中で、就活生はいったい何人の社員の方と会い、

何人の社員の方と会話をすることができるでしょうか?

 

 

私の経験では、面接も含め、話すことができる社員の方は

5人にも満たないところがほとんどでした。

 

あっこ8

 

 

しかしクドケンは違います。

 

一次選考の時点で、もうこの「5」を超えています。

 

 

 

そして最終的には、なんと40名以上の社員の方々とお会いすることができたのです。

 

 

クドケンの社員は1年間で、

 

1人あたり2500万円超の売り上げをつくりだします。

 

 

そんな方たちが1日、採用のために時間を割いたら・・・?

 

 

2500万÷365日=約68,493円

 

⇒68,493円×40人=2,739,720円

 

 

・・・274万円!!!!

 

あっこ9

 

 

1人1人の社員の方が私たちのために割いてくださった時間を

ぎゅっとまとめても

 

1日じゃ足りません。

 

 

つまり実際にはこれ以上の投資がされているわけですね。

 

 

 

事実、私はある社員の方に

 

1週間ほぼ毎日相談に付き合ってもらっていた

 

 

ということだってあるのです。

 

 

さらにその方は

 

休日である土曜日にまでお時間をつくってくださり、

直接会ってアドバイスをくれた

 

のです。

 

 

 

そこまでして私に向き合ってくださった方というのが、こちらの中村さん

 

あっこ10

 

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

中村さんは、私が今バイトをしているリスティングプラスで働いている方なのですが、

 

今でも毎日たくさんのことを質問させていただいております。

 

 

 あっこ11

 

 

↑前の写真と同じ方です。

 

 

 

 

私がことごとく泣いた原因の9割は、

 

 

こんな素敵な人たちと出会えるなんて!!!!!

就活しててよかった!!!!!!!

 

 

という感情にあります。

 

 

 

就活を始める前は、本当に就活が嫌で。

 

 

いや、もう、

 

 

本当に毎日就活という現実から逃げたくて。

 

あっこ12

 

その気持ちは、就活をはじめてからも変わりませんでした。

 

いえ、むしろ悪化しました。

 

 

今日は会社説明会、

明日は別の会社の一次面接、

その次の日はまた違う会社の・・・

  

 

 

毎日毎日毎日毎日就活のことを考えて過ごす日々は本当につらかったです。

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

就活しててよかったな

 

あっこ13

 

 

と思えたことはもう感動の中の感動だったわけです。

 

 あっこ14

 

こうして改めて振り返ってみると、本当に濃い選考でした。

 

ここまで心に残る選考は他にないです。

 

 

たくさんの方に支えていただいて、感謝、感謝、感謝でいっぱいです。

 

 

 

 

さらに内定が決まった時にはみなさんから色紙もいただきまして・・・

 

 

新宿で迷っていた私を迎えに来てくださったいとしょさんからも

ありがたいお言葉をいただきました。

 

あっこ15

 

 

 

 

あっこ16

 

 

わぁ!本当にありがたいお言葉ですね!

 

おっしゃるとおりです!!

 

 

 

 

と、このようにクドケンはとっても

 

あったかい会社

 

なのです。

 

 

 

こうして全力で私たち就活生に向き合って、

最後には温かく迎えてくれる会社だからこそ、

 

 

ここにいる人たちと一緒に働きたい!!

 

 

と強く思うことができたのです。

 

 

 

 

 

 

・・・さて、

これから頑張らなければならないこととクドケンの温かさがわかったところで、

 

「あっこ」こと清水章子の初ブログを締めさせていただきます。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です