超プロフェッショナルになりた〜い(甘口編)

クドケン人事ブログをご覧の皆様コンニチハ。

 

大学卒業と同時に

640万円借金(奨学金)を抱える男、

伊藤です。

あ

みんなが大好きなお金の話をしましょう。

今年の新卒初任給の平均は19万円程と言われております。

 

単刀直入に申し上げますが、僕たちの初任給は結構高いです。

その額なんと…

月給26万8000円!!(成果次第でドンドン上がる)

 

その差額は手当諸々含めると年間100万円を超えます…!!

(※100万円は使い方次第で世界旅行にも行けますよ)

い

もちろんお休みも充分に頂いております。

年間120日以上

完全週休2日制の土日休みです。

 

実際に就活を経験された方はよくわかるかと思いますが、

≪高いお給料≫≪充分なお休み≫が確証される会社はほんの数パーセントです。

 

「何でこんなに待遇が良いの・・・?」

 

その秘密は、社員1人ひとりの生産性の高さにあります。

 

今回はその生産性の元となる、

「超プロフェッショナル」という

キーワードに注目していただきましょう。

 

クドケンの行動指針である

「超プロフェッショナル宣言」

昇給についても以下の5項目を基準に評価されています。

 

 

1.成長

私は、顧客の成果のために率先的に学び、自己成長を追求します。

う

 

2.行動

私は、スピードにこだわって行動し上質な結果を作り出します。

 え

 

3.貢献

私は、顧客と共存共栄を目指し社会的価値の創造に貢献します。

お

 

4.仲間

私は、仲間と本音で語り合い、お互いの成功のために協力し合います。

か

 

5.充実

私は、心身の充実に気を配り、自らの人生も楽しむことを大切にします。

き

 

クドケン社員1人当たりの

年間売上額(総売上÷社員数)はおよそ3000万円

計算に使う社員数は

バックオフィスの方(事務さんや経理さん)の分も含めておりますので、

実際に一線で活躍している社員の

生産性はそれ以上の巨額となります。

 

まさに「超プロフェッショナル」・・・

僕もその一員なのか・・・!?

カッコ良過ぎだろ!!

 

 

あ、萩原さんだ。

く

 

 

「萩原さん。僕の生産性は

いま何千万円くらいでしょうか!?」

(ゲス顔)

こ

 

マイナス300万円くらいだよ」

け

 

「・・・」

さ

 

「採用コスト、それなりにかかっているからね」

け

 

 

 

 

 

 

(このままじゃ、内定取り消されるのではないか?)

さ

 

 

 

「・・・返済してね。」

け

 

 

「何とかしなくては・・・」

し

 

 

 

 

「まずは自分にできることから会社に貢献していこう」

す

 

 

続きはコチラ。

次回は安慶名くんがクドケンの物資支給について語ります!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です