就活の常識が通用しない!⚫︎⚫︎しない選考ってすごくないですか?

クドケン人事ブログをご覧の皆さん、はじめまして!

 

2017年卒内定者の
「やなぎ」こと
青柳 百香(あおやなぎ ももか)と申します。

 

IMG_4810

 

 

私はクドケンのHP制作チーム
8月からアルバイトをさせてもらっています。

 

慣れないことばかりで今は必死ですが、
暖かいチームのみなさんに支えられて、
楽しくやらせていただいています。

 

やなぎブログ用1

チームのみなさんとの写真です!

 

今回は、「私がクドケンに入社を決めた理由」
を皆さんにお話ししたいと思います。

 

 

突然ですが・・・
就活生の皆さんは、
たった数分の面接で合否が分かれる
現代日本の就活スタイルに疑問を抱いたことはないですか?

 

 

面接に落ちたとしたら、
こんな数分の面接で自分の何がわかるんだ!
全然自分のこと理解してくれないじゃないか!
と思うかもしれませんし、

 

面接を通過して内定をもらったとしても、
本当に自分のことを理解した上で
採用してくれているのかな・・・
と不安になるかもしれません。

 

 

 

私もそうでした。

 

 

 

そんなあなたに朗報です!!!

 

 

なんと!!!!!

 

 

ななななんと!!!!!

 

 

 

クドケンの新卒採用には、
面接が存在しません!!

 

やなぎブログ用2

 

えーーーーーーーっっっっ

 

 

 

具体的にどんな選考をするのか、
そこは企業秘密なので、
残念ながらお伝えできません・・・

 

やなぎブログ用3

 

しかし、1つだけお伝えできるのが、
クドケンの選考では、
1人1人の就活生をきちんと見てくれるということです。

 

 

私がクドケンに入社を決めた理由は、
・社員さんが超プロフェッショナルで自分もこうなりたいと思ったから
・マーケティングの力に魅了を感じたから
・頑張れば頑張った分だけ評価されるから
などいろいろありますが・・・

 

一番の決め手となったのは、
クドケンが1番自分のことをよく見てくれて、
理解してくれる会社だと思ったからです。

 

 

 

 

時はさかのぼり、
2016年4月某日
クドケンの○次選考・・・

 

クドケンの求めている人物は、
ハングリー精神とベンチャーマインドが高い人
ですので、
選考にはすごいメンバーがそろっていました。

 

 

やなぎブログ用4ZASI

 

※イメージです

 

 

 

そんな中、
自分で言うのも悲しいですが、
私はいたって平凡で、
人前で話したりするのも苦手だし、
リーダーシップをとるタイプでもないので、
完全に埋もれてしまっていました。

 

同じ日程の選考を受けていた数十人の中でも、
客観的に見て一番地味だったんじゃないかなと思います。

 

 

他の学生とのグループワークでは、
積極的に意見を言うなど自分なりに全力を尽くしましたが、

 

他のメンバーはプレゼンの発表も上手だし、
クドケンの社員さんに質問する場でも
私が質問する隙がないくらい
どんどん質問していましたし、
かなり目立っていました。

 

やなぎブログ用5ZASI

 

※イメージです

 

 

選考通る学生ってやっぱりこういう人たちなんだろうな~
この人たちには正直勝てないな~
やっぱり目立ってハキハキしている学生じゃないと
社員の方々の目にもとまらないよな~

 

私は、まったくもって存在感を示すことができなかったので
この選考に落ちたことを確信しました。

 

ですが選考を通じて社員さんと触れ合うことで
クドケンに入りたいと思う気持ちが
ドンドン強くなっていっていたので、

 

悔しくて悔しくて
選考終わりの帰りの電車で
1人大泣きしていたことを
今でも覚えています。

 

やなぎブログ用6

 

 

 

そして次の日・・・

 

採用統括の萩原さんから電話が。

 

選考落ちたのにわざわざ電話で伝えてくれるなんて
なんていい会社なんだろう・・・
なんて思いながら電話に出ました。

 

 

「選考の結果をお伝えします。」
という萩原さんの言葉に電話を持つ手が震えました。

悪い結果を聞く準備しかしてなかったので、
自然に耳から受話器を遠ざけました。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

萩原さん
「やなぎには、次の選考に進んでほしいと思います。」

 

やなぎブログ用7

 

「えっっっっ」

 

次の瞬間涙がぼろぼろこぼれてきました。

 

 

「やなぎのチームが一番雰囲気よかったと思うけど、
やなぎがいなかったらあのチームは
まとまっていなかったと思うんだよね」

 

萩原さんからの言葉にさらに涙があふれてきました。

 

 

全然目立っていなかった私のことを、
きちんと見ていてくれて、
いいところを見つけて評価してくれたことが、
とってもとっても嬉しかったです。

 

 

その後、いくつかの選考を潜り抜けて、
なんとか内定をいただくことができました。

 

クドケンの採用ポリシーは、
求職者をジャッジするのではなく
「マッチングを図る」ことなので、

クドケンと学生のお互いが
マッチングしていることを確認したうえで
採用していただけました。

 

 

また、新卒採用は、
「育てながら採る」という
コンセプトのもと行われているので、

 

選考中にも仲間とともに
成長できる機会があります。

 

また、社員の方々が就活生の成長を
全力でサポートしてくださります。

 

私もクドケンの選考を受ける前と後とでは、
精神的にも大きく成長できたと思っています。

 

 

私は口下手で緊張しいなので、
面接が大の苦手でした。

 

もしクドケンが他の企業のように、
面接での選考を採用していたとしたら、
今わたしはクドケンにいないと思います。

 

 

いろんな会社の選考を受けてきましたが、
面接を行わない会社はクドケン以外にはありませんでした。

 

企業が新卒採用で面接を行うのは、
それが一番手っ取り早いからです。

 

面接ではない選考は、それだけ時間とコストもかかります。
それを承知の上でクドケンが独自の採用スタイルを持っているのは
クドケンが採用に本気だからです。

 

手前味噌ですが、
これだけ真摯に1人1人の就活生と向き合ってくれる会社は
他にはにないと思います。

 

「なかなか自分の良さを分かってくれる会社がない・・・」
とお悩みのあなたも、
クドケンならあなたの良さを見つけてくれるかもしれません!

 

この記事を読んで、
少しでもクドケンに興味を持っていただけましたら、
ぜひクドケンの選考に進んでください!!

 

あなたからの挑戦、心からお待ちしております!

 

 

 

次回はりんくんが担当してくれます!
お楽しみに!!

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です