クドケン社員に聞かれた質問を、ブログを使って答えるコーナー

 

 

 

ども。

クドケン人事部長 萩原です。

最近、娘(3歳)が絶対に2ショット写真を撮らせてくれないのが悩みです。

人事部というポジションで働いているので、よく社員から悩みや相談、質問などを受けることがあります。

このコーナーは、その中でも

【みんな知っておいて損はない】事

をブログを使ってシェアしようという思いつきの企画です。

では、質問に移ります。


Q.関係性の浅い人から信頼を得るにはどうしたらいいですか?

 萩原さんのコツを教えてください。

 

A.答えは私の中で一つです。

「信頼を得るには方法は一つ。約束を守る事だ。」

だと思っています。

私は、某企業に勤めていた時に、お客様から教えていただいた言葉です。

 

私は、営業マン時代にその言葉を聞いて、小さな約束をたくさんすることを心がけました。

約束を守って信頼を得るには、約束の難易度は二の次で『約束を守った回数』が重要だと思います。

 

「今日帰ったら、必ずデータを送ります。」

「今週中にもう一度お電話します。」

「来月の頭に資料を持ってまたお伺いします。」

 

新規で営業をかけられるクライアントにとって、

当時の私は「たくさんいる出入り業者の一人」でしかありませんでした。

ですから、この私が一方的にした約束も、相手にとってはどうでもいい事だったりします。

 

ですが、この小さな約束の積み重ねが、

「何か頼むなら萩原にお願いしよう。」

「萩原さんなら、期待に応えてくれる。」

「萩原が良いと言うなら信じてみよう。」

というようにクライアントの心理を動かすのです。

 

では、小さな約束はどうすれば守れるのか?

私の場合は卓上カレンダーでした。

卓上カレンダーに約束を書いて毎日見る。

これだけです。

ただ、卓上カレンダーを持ち歩くのがポイントです。

手帳に書いたことは手帳を開かないと忘れるし、

壁掛けのカレンダーは持ち歩けない。

ですから、卓上カレンダーを持ち歩いていました。

そして、お客さまの所に行ったら必ずその場で約束を一つ作って、

お客様の目の前でカレンダーに記して、その通りに実行する。

この積み重ねが、私の信頼を得る方法です。

 

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です