オフェンス100対ディフェンス0

ご無沙汰してます。ウィンキューブホールディングスBEST育メンの萩原です。

みなさんはオフェンスディフェンスどちらが大切だと思いますか?

そりゃあ、どっちも大切だとお考えになるのはわかりますよ。

NBAや、海外サッカー見ててもオフェンス凄くてディフェンスがザルの人って№1になれませんよね。

ぼくはバスケが好きなんですが、バスケの神様マイケルジョーダン(以下、MJ)はオフェンスもディフェンスも素晴らしい能力でした。得点力に目が行きがちですが、MJは史上唯一得点王と最優秀守備選手賞を同じ年に獲得した人でもあります。

でも、まぁMJはバスケの神じゃないですか。

・・

・・・

今日皆様にお伝えしたいのは「神」の話ではなく「髪」の話です。

 

というのも、ぼくも36歳になり最近抜け毛が気になるお年頃です。

先日朝目が覚めたときに枕に着いた抜け毛の量をみて

「あれ?まだ頭が枕にある・・・」と思ったほどです。

カッコいいパパでいたいと常日頃思っているぼくは、ネットで調べてハゲに効果的なサプリメントを買ってみる事にしました。

マルチビタミン・・・頭皮の環境を整える

亜鉛・・・髪の毛の成分の90%がケラチン。ケラチンを生成するのが亜鉛

ノコギリヤシ・・・男性がイキイキと元気に過ごせるようサポートしてくれることで注目されている

この三つが重要なようだったので、ドラッグストアで買ってみました。

毎日会社で3つのサプリメントを飲んでいたんですが、気が付いたんですよ…

これを飲み続けたとして、俺はかっこいいパパ力が上がるのか?

現状維持こそ出来るかもしれませんが、どんなに髪がフサフサになってもマイナスがゼロになる程度であり、イケメン具合が向上するわけではないんじゃないか?

ハゲが進行する=失点と考えた場合。イケメン具合が上がる=得点とはどういった事を指すのか?

髪の毛がフサフサ生えてくる事は得点という感じはしなかったです。どちらかというとゴールキーパーのスーパーセーブみたいなイメージです。

という事は、髪の毛以外の面でかっこいいパパ力が増す事を得点というのではないか?

つまり、

オシャレである事

紳士的である事

ユーモアがある事

ワイルドである事

仕事で活躍している事

男性として魅力的である事

等、理想のお父さんとして評価できるハゲ以外のポイントをオフェンス力と捉える事が正解だと気が付いたのです。

オフェンス力抜群でディフェンスザルな男性をピックアップしてみました。

ニコラス・ケイジ

ジェイソン・ステイサム

ブルース・ウィルス

フィル・コリンズ

孫正義

所ジョージ

ジュード・ロウ

志村けん

松山千春

いかがでしょうか?

ワイルドさであったり、ビジネス能力が高かったり、抜群の歌唱力やユーモアがある人達がハゲていても輝いていることがわかります。

ハゲているので輝いているのは当然ではありますが。

この考察から何を伝えたいかというと、

歴史に名を残すような凄いパパ(人財)になりたいのであれば、ディフェンスを一生懸命やるよりもオフェンス重視でいた方が良いという事です。

WEBマーケティングの世界で言えば、

・強烈なセールスコピーが書ける!

・見る人を一瞬で魅了するデザインが創れる!

・集客力抜群の広告運用ができる!

みたいなオフェンスが必要です。

そのオフェンス力がずば抜けた人こそ超プロフェッショナルではないか!?という事です。

ウィンキューブホールディングスではオフェンス力を身に付けたいと思っているプロ予備軍を募集中です。当グループの抜群の教育環境で超プロになりたい人は是非ご応募ください。

※ノコギリヤシは続けてます。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です