みんなが嫌いな就活が楽しみになるインターン(後編)?!~今明かされるインターンの真実の巻~

みなさんこんにちは!!

前回に引き続きまして、平凡な今時大学生みずほです!よろしくお願いします!!

 

先日、赤坂見附の駅のエスカレーターにて、

パンプスが脱げました

 

すぐに後ろの優しいおじさまが拾ってくださいました

 

そして一言

 

シンデレラみたいだね

 

まさか日本でこんなお言葉を聞く日が来るなんて・・・・

 

という、うれしはずかしな経験をしました

東京ってすごい

(ここまですべてノンフィクションでお届けしております)

 

あのおじさま、前世はチャーミング王子だったのかもしれません卍

 

さて前回は

  • 1dayインターンに至るまで
  • インターンを経ての変化
  • 長期インターン参加まで

をメインにお話させて頂きました!

まだ読んでいない方は私の頭をクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今回は長期インターンについてお話します!

後半には、社員さんへのインタビューもありますのでお楽しみに~

 

 

5.遠慮が迷惑?!大事なことは〇〇

 

9月上旬、長期インターン初

 

約一時間半の通勤ラッシュとの戦いの末、私はなんとかウィンキューブホールディングス本社にたどり着きました💦

(この日以降は、通勤ラッシュと被らない時間に出社させて頂いてます笑)

 

そして、同じく長期インターンに挑戦する仲間

ぐっちーみたなお

と初対面~(後ほど登場しますよ~)

 

自己紹介のあとはオリエンテーションを兼ねたゲーム!

ここでゲームをするなんて斬新ですよね笑

 

でもこのゲームで、

とてもとても大切な心構え

 を教えて頂いたのです・・・

 

最初のゲームは「言葉で相手に伝える」というものでした

 お互いの状況が分からない中で、使えるのは言葉だけ

これがなかなか難しいんですよ!!!!!!!

(やってみなければ分からないあのもどかしさ・・・笑)

 

ゲームをして、ペアの相手と話し合い、萩原さんからもアドバイスをもらい・・・ 

そんな具合でゲームを進めていきました

 

次にやったゲームは「言葉を使わずに正解を見つける」というものでした

 

正解を知っているのは萩原さんだけ

何度でも聞いていい

ただし言葉は使わない 

とてもシンプル

 

でもほんとに難しかった・・・

 

実は、どちらのゲームも重要なのは

 

聞く

 

ことなんです

 

最初のゲーム、一見、情報を伝える側が頑張ればいいと思いがちですが、

情報を受け取る側も、自分の欲しい情報を聞くことによってスムーズに進めることができるのです

 

2つ目のゲーム、正解が分からないのなら、

遠慮無く何度でも繰り返し聞けば、自ずと答えは分かってきます

 

ゲームの後に萩原さんは、

知らない、分からないことはどんどん聞いていい

迷惑じゃないかと遠慮して、分からないまま進める方が迷惑だよ

 

こうおっしゃってくれました

 

私は聞くことが苦手です

 

みんなはできるのに分からないと思われるのは恥ずかしい

何度も聞いたら迷惑になりそう

 

こんな風に考えていました

 

意識していないだけで、私のように聞くことが苦手な人は多いのではないでしょうか?

 

初日のオリエンテーションで

これじゃだめだ

と気づかされたのです

 

 

6.人事ブログ執筆スタート!アシストが的確過ぎるんじゃ~

 

いよいよ長期インターンが本格的にスタート

 

そしてこの日、思いもよらない奇跡が・・・

 左:ぐっちー、真ん中:みずほ、右:みたなお

いやいやいやいや 

被りすぎでしょ!笑笑

 

うれしくてこっちのパターンも撮っちゃいました

 ※このサングラスは会社のものです。

ぐっちー、みたなおのブログはこちら!要チェックです!!

この写真、実は 

萩原さんと川平さんに撮って頂きました!

 

(萩原さんから川平さんへ、ハギワラガールズ賞を授与している風にしようとしたのですが、技術不足でした😅)

ツーショットは撮影できませんでしたが、人事部の皆様はいつも息ぴったりです!

ご協力ありがとうございました!!!!

 

こんな具合で、楽しく、コツコツとブログを書いていたわけですが、

 

ちょこちょことつまずくんですよね

 

一時間、一文も書けないことも・・・

 

そんな時にブログの下書きを見て、タイミングよく適切にアシストをしてくれる萩原さん!!

参考になるwebページを紹介してくださったり、自分で改善できるようにヒントをくださったり・・・

さすがすぎます涙

 

さらにさらに!!!

 

ESの添削までしてくださったんですううううう

 

人事目線でどこを見られるのか、どうしたら目を引くESになるのか、

丁寧に教えてくださいました

 

これで無敵のESが書けますね!ニヤリ

 ※ちなみにこちらは某テーマパークにて闇鍋を作っている時の1枚です‍‍‍😀

 

こうして私は、優しく頼もしい社員の皆様と、同じインターン生の二人に支えられ、

 

オリエンテーションで教わったとおり、遠慮無く

 

聞いて、聞いて聞きまくって

 

ブログを書き上げたのです!!!!!

感激!!!!!!!

 

6月はあんなにやる気も無く、何の知識も無く、甘えた理由でインターンに応募した私がやり遂げられるなんて、

 

自分が一番びっくりですよ!

 

長期インターンを経て、自分の中で成長したと思うところはやっぱり

 

自分から聞けるようになったことです

 

会社は今までの環境と違います

 

優しい先輩社員さんたちも、それぞれ自分の仕事をされています

 

私のことをずっと見てくれることはないのです

 

そして時間は有限です

 

限られた時間の中で、自分の時間も周りの人の時間も無駄にしないために、

 

聞くことは重要だと感じました

(もちろん自分で調べたり、勉強して、その上で行き詰まった時ですよ?)

 

このことを学べて、本当によかったです

 

7.先輩に直撃したら見えてきた!萩原さん直伝、行くべきインターンとは?!

 

ここまでお付き合い頂いた皆様、

 

ありがとうございます!!

 

みなさんそろそろ

 

インターンシップに行きたくなってきましたよね???(高圧的)

 

というわけで!

 

ここからは先輩社員さん、2019内定者さんへのアンケート回答をご紹介します!

 

Q. どうしてインターンシップに参加しようと思いましたか?

A. 就活の漠然とした不安から逃れるため

仕事内容、企業の雰囲気を知るため

自分に向いている職を見つけるため

開催している企業に入社したかったため

 

主な学生側の気持ちってこういうことですよね

 

Q. インターンシップでどんなことが身につきましたか?

A. 根性はもちろん、よくわからんことでもやってみたら案外どうにかなるのだという根拠のない自信

特別ありません。

 

Q. インターンシップで印象に残っていることはありますか?

A. (省略)スポーツ業界の財政のきつさを肌身で体験しました

好きなことを職にしたいって気持ちで職種を選んじゃいけないと感じました

(省略)日本と新興国の物価の差や人件費の差を利用して、利益を上げるというビジネスで、あまり魅力的には感じませんでした。

 

あら?なんだか、

 

インターン微妙だったんでしょうか・・・

 

Q. インターンシップに参加した経験は、どのように就職活動に生かされましたか?

A. 社会人の社員さんとどのようにお付き合いすれば、良い印象を持っていただけるか、という立ち居振る舞いは参考になりました。

自分の適性を見極めるという意味で生きたかなと思っています。

正直あまり生かせていなかったと思います。

 

先輩方にはインターンの内容もお聞きしていて、

ほとんどの方が実務体験をするインターンに参加されていたのですが、

スキルや知識というよりは、意識や態度等の面では生かせた、という回答が多かったです。

 

就職活動でアピールになるほどの経験はできなかった

 

ということですね・・・

 

他にもいくつか質問させて頂いたのですが、

 

インターン良かった!

 

という回答がめちゃめちゃ少ない

 

こ、これじゃあ、みなさんにインターンの魅力が伝わらないじゃないかああああ!

 

 

実は色々調べてみると、

 

多くの企業のインターンが失敗しているようなんです!

 

どういうことかと言いますと、

結局のところ企業の目的は、インターンから採用につなげることです

 

しかし、実際先輩方は、インターンに参加した企業ではなく

ウィンキューブホールディングスを選んでいます

 

企業は目的を果たせていませんよね?

 

なぜでしょうか?

 

・・・・・・・わからん

ということで、採用のプロ萩原さんに聞いてみました!

今回はスーツ姿でのご登場です~🍷

(萩→萩原さん、み→みずほ)

萩:インターンには1dayインターン長期インターンがあるよね

み:そうですね

萩:1dayインターンは企業に興味を持ってもらうことがメイン

み:はい、学生側も軽い気持ちで来ますよね

萩:長期インターンは企業の雰囲気や仕事を知ってもらう。場合によっては、内定が出る場合もあるから、学生も内定が出たらラッキーだよね

み:そうですね、内定が出ると思ったら頑張りますね!

萩:じゃあ、どちらかのインターンしかしていない企業はどうなんだろう?

み:???

萩:1dayインターンしかしていない企業は、採用につながるかな?たった何時間かで全ての学生のことを理解することはできないし、学生も採用選考のマインドで来てないよね

み:確かに、1日で採用が決まるなんて学生は思ってませんから、気を抜いてますよ

1dayだけで採用につなげるのはかなり難しそうですね

萩:長期インターンだけの企業はインターンに参加する段階で書類選考をするけど、どんな雰囲気の会社かも分からないのに、熱のこもったES書ける?

み:そんなものは書けません!!自分をどうアピールするか困りますよ~

萩:あと、長期インターンしかやっていない企業は、3月以降の本選考で内定を出すつもりの企業なんだよね

み:え?!長期インターンって書いてあったら、内定が早く出るのかなとか、インターン自体が選考かもしれないって思ってる学生多いですよ!ちょっとがっかりしちゃいますね笑

萩:だから、ちゃんと1dayインターンをして、長期インターンをしてる会社を選ぶのが良いよ

そういう企業は採用の計画がちゃんとできている企業だから

 

す、すごいいいいいいいいいい

 

さすがです!やはり採用のプロ目線のお言葉は説得力が違います!!

 

学生側と企業側のマインドのズレが、インターンの失敗につながっていたんですね・・・

 

つまり

 

自分の目的に合ったインターンを選ばなくてはいけないのです!!!!!!

 

企業研究をしたいのか、それとも早期内定を狙いたいのか

 

それを決めた上で、採用の計画が整った企業のインターンに参加しましょう!!

 

あ、もう一つ萩原さんがためになることを教えてくださいましたよ!

 

企業研究のための1dayインターンは夏までに終わらせておけ

 

な、なにいいいい?!?!?!?!?!?!?!?

 

採用の計画がしっかりしている企業の1dayインターンのほとんどは9月まで

 

それ以降は採用につながるインターンを実施していきます

 

つまり

 

秋以降に行っている1dayインターンは、企業研究ではなく

採用につなげる目的のものが多いということ!!!!!

 

企業研究目的で参加したら失敗しちゃう!

 

なんてこったああああああ

 

教えてもらえてよかった😂

 

みなさんもインターンに参加するときは気をつけてくださいね!

 

さて、様々な職種のインターンをご経験された先輩方からウィンキューブホールディングスは

 

選ばれた会社

 

というわけですが、先輩方はどうしてウィンキューブホールディングスを選んだのでしょうか?

 

先輩方の中には、有名大学出身の方や、大手企業から多数内定を頂いていた方も・・・

 

そこで!

 

次は就活生に選ばれるウィンキューブホールディングスの魅力を紹介しちゃいます!!

 

 

8.どうして?ハイスペック学生にも選ばれるウィンキューブホールディングスの魅力!!!

 

ではここから、ウィンキューブホールディングスの魅力を、先輩方へのアンケート回答、インタビューを含めお伝えしていきます!

 

Q. ウィンキューブホールディングスを選んだ理由は何ですか?

A. 自身が興味のある業界での起業ができることです。

選考でたくさんの社員さんと話せたし、同期が話しやすいことが分かってての内定だったから入社しました

会社に影響を与えられる人になりたかった

自分が成長できる場だと感じたからです

インターンの内容の充実さ。

社内の人の雰囲気。

マーケティングの知識とwebデザインのスキルの両方を伸ばすことができるから。

着目していたマーケティングという分野、言葉を使って価値を伝えるコピーライティングという職、働いている人が魅力的だったからです。

どんな状況になっても稼げる力を最短で身に付けられると感じたからです。

 

誰にでも起業のチャンスがあること、雰囲気の良さ、マーケティングという役立つスキルを身に付けられること、などが多くあがっていました

 

起業に関しては同じインターン生のみたなおが分かりやすく解説してくれてるので

こちらをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

雰囲気の良さに関しては、私もインターンをさせて頂いて実感しています

 

みなさん、すんごく優しいんです!

お昼ご飯の時も声をかけてくださって、お仕事のこともプライベートのこともたくさんお話させて頂きました~

あ、これは萩原さんに買って頂いた、ラムレーズンフラッペです~

※下のガチャガチャしてるのは私のパソコンです。決してデスクがファンキーなわけではありません

ご飯にも連れてってくださったりして、感謝です

長期インターンの記録のところでも書きましたが、上司だから聞きにくい、話しにくいということは無く、とてもオープンで、

チームプレーを大切にしています!!

 

そして何よりも

 

働いているみなさんが楽しそう!!!!!!

会社ってもっと殺伐とした雰囲気かと思っていましたが(いや、失礼笑)

とても和やかな雰囲気で、それでいて馴れ合いではなく

一人一人が責任やる気を持ってお仕事されていることがよく分かりました

 

マーケティングのスキルを身に付けられる、ということに関しては、 

仕事をしていく中で身についていくのはもちろんですが、

もっと勉強したい!という意思があれば、なんと

 

結構お高めのセミナーを会社が受けさせてくれるんです!

ふ、太っ腹~

先ほども書いたとおり、みなさん仕事に対して意識がとても高いので、

このシステムを活用する方、とっても多いんです!!

 

続いての質問はこちら!

Q. ウィンキューブホールディングスに入社して、ご自身の変化はありましたか?どのように変化しましたか?

A. 前向きな感情を持つことが増えましたし、学生時代の友人達にも穏やかになったと言われることも多くなりました。

ものの見方が変わったなと思います。部署の関係もあるでしょうが、これまで自分の主観を頼りにしていたところを、他の人がどう考えるかという部分に視点を置けるようになってきたかなと思います。

前より責任感が強くなった。指示を待たずに自分から動かなきゃなという意識が強まった。

以前と比べて「自走」しようと心がけるようになりました。

自分の将来の目標が大きくなった。前までは自分のキャリアに限界を決めてしまっていたが、可能性が広がった。

プロモ―ションを経ていくうちに、販売しているDVDやセミナーを購入した方が幸せになることがやりがいになると、ビジネスの面白い部分を学ぶことができています。

入社前よりも相手がわかるように、自分の考えていることを正しく伝えられるようになったと思います。職種がコピーライターなので、基本的に文章で商品をセールスしなければなりません。(省略)そのため、一般のビジネスパーソンよりもかなり精密に物事を伝える力がついたんじゃないかなと思います。

 

自立した前向きになったものの見方が変わった伝える力がついた、という回答がとても多かったです

 

仕事のに関しての成長はもちろん、内面まで変わるなんて・・・

 

良いことづくしじゃないですかあああああああ

 

ちなみに

 

私が今、一番起こって欲しい変化は

体重はそのまま、10㎝身長が伸びることです

 

ちょっと話がそれましたね、すみません

自分が変化したと気づく余裕があること、変化を見ていてくれる人がいることも魅力ですよね!

 

それではここから、先輩へのインタビューを紹介しますよ~

 

石指祐樹さん

インタビューのときにお写真撮り忘れてしまったのでHPから拝借しました、ごめんなさい!😂

石指さんは大学時代、好きなサッカーをお仕事にしたいと考えていたそうで、インターンもスポーツ業界のものに参加されたそうです。

石指さんは現在、入社されて二年目、治療院マーケティングのマーケティング事業部でお仕事をされています。

インタビューをお願いした当日に、すぐお時間を取ってくださいました!

ありがとうございます

 (石→石指さん、み→みずほ)

み:まず、石指さんはどんな学生だったんですか?

石:国際交流のサークル、サッカーを観るサークル、サッカーをやるサークルの3つに入っていました。よく言えば人とのつながりを大切にしていた、悪く言えば遊んでましたね(笑)

み:就活やインターンを考えて、調べたりし始めたのはどのくらいの時期でしたか?

石:大学三年生の春だったと思います。

み:勝手なイメージですが、石指さんのような大学の人たちは早く動き始めてるイメージがあります(石指さんは有名大学のご出身です)。大学側から何か連絡があったりしたんですか?

石:いや、むしろ全くなかったですね。他の大学は就活課からアナウンスがあったりしたみたいですけどね。僕の場合は、先輩から早く始めた方が良いと聞いてました

み:そうなんですね!石指さんはお友達に比べて、就活への動きだしは早いほうでしたか?

石:うーん、少し早かったくらいですね。夏までには動きだしてるって人が多数だったから。銀行とかを希望してた友達の方がもっと早かったです。

み:銀行ですか?知らなかったです!

石:銀行のインターンは採用に直結しているものが多いから。リクルーターっていう先輩の行員が、気になったインターン生と何度か会ったりしてそのまま採用につながったり、開催した勉強会への参加回数でやる気を見たりするから、みんな早く動きだしてましたね

み:全然関係ない業界なのに詳しくありがとうございます笑

  では、アンケートで「好きなことを職にしたいって気持ちで職種を選んじゃいけないと感じました」とご回答頂いたんですが、具体的にそう思ってしまうような瞬間があったんですか?

石:はじめはサッカーが好きで、サッカーを伝える仕事がしたいと思ってました。スポーツ雑誌の記者とか。でもスポーツ業界のインターンに参加して、業界の人とお話をさせてもらって、いろいろわかって。記者とかになったとしても、サッカーはすごく人気だからその担当になれるか分からないし、別のスポーツの担当になったら、好きなサッカーチームの試合を応援しに行けないじゃないですか(ちなみに石指さんは鹿島アントラーズのファンだそうです)。それってどうなんだろうと考えて。だから、特別何かがあったわけじゃないんですけど、インターンで気づいたって感じです。

み:インターンを通して現実が見えたということですね・・・

  インターン以外に、就活の本番前の準備としてやっていたことはありますか?

石:大学三年の1月くらいにES講座とか、就活講座とか、日経の新聞の読み方講座とか行ってましたね。あとは大学三年の夏は1day、2dayのインターンに行ってました

み:1day、2dayのインターンは何個くらい行かれましたか?

石:だいたい20個とかかな

 

   ※前回からこれハマってます

 

み:お、多くないですか?!

石:さっきも話したとおり、それまで希望していた業界をやめて、どの業界にするか決まっていない状態だったから、とりあえずいろんな業界を見てました。1dayや2dayのインターンは業界の紹介みたいな感じだったので

み:その後就活が始まった時は、どの業界を目指してたんですか?

石:人材とITですね。

み:そこを選んだ理由ってなんですか?

石:自分はバリバリ働きたいって思ってたんですけど、お金や時間とかに余裕がない生活はしたくないなと思って。そういう働き方ができそうな業界だったので。

み:あれ?マーケティング業界にしようと思ったのはいつですか?

石:4月12日です

み:え、具体的ですね笑

石:なんでかっていうと、ウィンキューブホールディングスの一次選考の当日だから笑

み:ええ!当日なんですか?!

石:最初、説明会に来たときは家から近いからとかっていう理由だったけど、社員さんとかと話して自分の思う働き方ができるなと。あとは雰囲気も良かったです

み:ええと、ちょっと失礼かと思うんですが・・・

石:どうぞどうぞ遠慮無く笑

み:石指さんは有名な大学のご出身で、大企業とかは考えなかったんですか?

石:一応、説明会とかに行ったりしたんですけど、微妙かなと。

み:それは石指さんが大事にされてる働き方の部分で、ですか?

石:うん、そうですね。大手の銀行なんかだと転勤も多くて、会社の歯車になってしまうような気がして(笑)もっとアクティブな業界がいいなと思いました。成長中の会社だったり、自分の頑張りで会社も上がっていくような。

み:ちなみに、差し支えなければ、ウィンキューブホールディングス以外で内々定や、内定が出ていた企業を教えて頂いても良いですか?

石:人材系企業大手2社、IT系企業1社から内々定を頂いてました。

※こちらはあくまで私のイメージです

み:あ、かなりの大手ですね・・・

  それでもウィンキューブホールディングスを選んだ理由はなんですか?

石:自分が将来どこで何をしたいかというライフプランが実現できるかスキルを誰から身に付けるか、ということを考えました。選考の時点で社員さんの雰囲気が分かっていて、関わることができたのも大きかったし、選考も特殊でしたね。あとは、会社がもし無くなってしまったとしても、他社に引き抜かれたり、起業したりできるくらいのスキルが身に付くと思いました

み:アンケートのお答えの中にも、「ライフプラン」という言葉があったんですが、学生時代から考えられていたんですか?

石:そうですね、周りの友達が就活向けて動きだしてから、自分の将来について考え始めました

み:実際に働いてみて、そのライフプランは実現できていますか?

石:まだまだ若手なので、完璧には実現できていませんが、充実しています!

み:選考時の社員さんの雰囲気が良かったとのことですが、入ってからもその印象は変わりませんか?

石:はい、みなさん優しいです(笑)選考の時とかにはお会いできなかったんですが、配送課の人がお母さんみたいです。中野のお母さんと言われてます笑

み:そうなんですね笑

  とても充実されてるようですが、最初に石指さんが考えられていた、スポーツ業界とは全く違いますよね、異なる業界でも頑張れるモチベーションは何ですか?

石:まずは力を身に付けたいということですね。あとは将来への投資です。心に余裕を持った働き方ができるので、趣味とか自分の時間を大事にしながら、将来のために頑張っています

み:それでは今後、石指さんの後輩としてどんな人に入ってきて欲しいですか?

石:素直な人やる気がある人ですね、単純ですけど(笑)ほかの大きな会社が入社して数ヶ月間研修などを行っている中、ウィンキューブホールディングスではすぐに責任ある仕事を任されます。目標があって、達成するための計画を立てて。高度なことを求められます。アドバイスを素直に受け入れられて、やる気のある人じゃないと続かないと思います。

み:最初のうちから難しいことを求められて、辛くはなかったですか?

石:全部楽しかったわけではないですが、助けてくれる先輩も同期もいますし、頑張れる環境が整っていると思います。

み:マーケティングの知識が無いまま入社しても大丈夫ですか?

石:全然大丈夫です!僕も全く無かったので(笑)

み:ウィンキューブホールディングスのいいところって何ですか?

石:理不尽がないところです。人間関係も良くて、成果が出るか出ないかは完全に自分の良し悪しで決まるので、納得できます。

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

インターンでの気づきが就活に大きく影響していたことがおわかりいただけたと思います。そしてウィンキューブホールディングスの魅力も伝わりましたよね?

 

 

9.変わりたいならココしかない!激アツウィンキューブホールディングス!!!

 

ここまで長々とインターン、ウィンキューブホールディングスについてお話しさせて頂きました

みなさん、お疲れ様でした(笑)

 

私はこのインターンで確実に成長できたと思っています!

 

こんな甘ちゃんな私でもできたんだから、みなさんもできます!変われます!

 

ウィンキューブホールディングスのインターンに参加して、幅広い業界に通用するマーケティングを学びましょう!

 

知識が無くても大丈夫!

 

どうしようか迷っているあなた

 

まずは、前向きに生き生き働く先輩社員さんたちに会いに来てください

 ※こちらは社内表彰式のお写真です!みんなから頑張りを認めてもらえるって良いですね!

きっとあなたの就活成長につながるヒントがもらえます

 

マーケティングで

 

会社から、人から選ばれる人材になりましょう!

 

そして、

就活をみんなから一歩リードしましょう!!!

 

よっしゃあ!今すぐ応募だああああああああああ

現役超プロマーケッターによるマーケティング体感型1Dayインターンシップ

こちらの3つの画像のうち、どれかをクリックすると良いことが起こりますよ🎶

(誰ですか?いい加減、しつこいよって言った人👼)

 

 

最後までお付き合い頂きまして本当にありがとうございました!

 

最後はこちらの動画でお別れです

前回に引き続き、こちらもお付き合い頂きましてありがとうございます涙

人事の皆様をはじめ、たくさんの社員さんにご協力頂きました!皆様優しすぎます~💕

こんなインターンシップ最高じゃないですか?!

 

それではまたいつかお会いしましょう!!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です