なぜ私がクドケンに入社を決めたのか?

はじめまして!

こうへい①

笑いの神に愛されながらゲッツーを決める男、

こーへーこと辻耕平と申します。

(内定式でいただいたアイスは私のだけ溶けていました。)

 

 

先日クドケンより内定をいただき、

2016年4月に入社させていただく予定です。

 

 

本日は自己紹介を兼ねまして、

「なぜ私がクドケンに入社を決めたのか」について、

お話させていただきたいと思います。

 

 

実は私、7月1日からクドケンにフルタイムアルバイトとして

勤務しておりまして、はや1週間になります。

 

一番の年下ということで、早速いたずらの洗礼を受けております(笑)

オフィスの冷蔵庫はみんなで使うので、自分のものに名前を書くルールがあるのですが、

「AKB大好き」って追記されてる。。。

こうへい②

ちなみに私はAKBファンではありません。

 

ところで…

「一日中会社にいるなんて、こいつ単位大丈夫か…?」

と思ったあなた!

 

安心してください。

私、ただいま大学には通っておりません♬

 

と言いますのも、実は私、今年の4月に大学を卒業していまして、

今年は既卒でありながら、新卒に交ざって就活をしておりました。

 

フレッシュな新4年生の中で就活をしていた当時は、

それはそれは大変でした(笑)

 

 

社員と間違われトイレの場所を聞かれるなんて当たり前。

 

クドケンの選考中にも何度も会ったことがある学生に、

「おはようございます!」

こうへい③

と腰を綺麗に折り曲げた挨拶をされたこともありました(笑)

 

 

そんな中で、既卒だとか、大学だとか、

一般的に履歴書に書くことを一切気にせず、

私の個性や実力を評価してくれたのがクドケンでした。

 

今現在、

「自分の評価が正当ではない」とか、

「履歴書の送付だけで選考に落ちてしまう」とか、

「挨拶だけの面接でお祈りされてしまう」とか…

 

そんな不満を持っているあなた!

 

色眼鏡なしで自分を鍛えてくれる先輩社員がいるクドケンは、

あなたにピッタリの会社かもしれませんよ!

 

 

次回も2016年度の内定者4名のうちの1人。

選考中、私にこのような挨拶をしてくれた伊藤くん登場します!

こうへい④

 

伊藤くんがどんなブログを書くのか、

私も読者の皆様と一緒に、楽しみに待とうと思います!

それでは!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です