【19卒必見】夏休み前に知っておきたいインターンのあれこれを解説!

 

こんにちは。
先日、鳥にフンを落とされました。運がつきました。やかましいわ!

どうも、18卒内々定者のササキです。見ての通り元気です。

 

突然ですが、みなさんは「企業がなぜインターンを開催するのか」考えたことはありますか?

 

え?私ですか?勿論考えたことありません。

そもそも、インターンってなに?というレベルでしたので三年生の夏休みはインターンに参加せずに家で寝てました。家ターンですね。ハハ。

 

さて冗談はここまでにして、まずはインターンシップとはなんぞやというところから説明します。

 

インターンシップ】
インターンシップとは、学生が一定期間企業などの中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。 日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。(インターンシップ –Wikipedia)


へ~~~なるほど~~~~~ぜんぜん行く気にならないぞ~~~~

まわりの友達もきっとインターンに参加しないし、べつにインターンに参加することで何も変わらないと思ってませんか?

 

そう思ってる方に衝撃の事実をお伝えします。

※ショックをうけるので心臓の弱い方は見ないでください。

 


 

《インターンに参加する学生の割合》

13卒:28.4%
14卒:32.1%
15卒:32.7%

16卒:58.2%
17卒:62.1%
18卒:65.2%

キャリブロより参照

 

お気づきだろうか・・・年々増えていってるんですよ・・・参加率が・・・。

 

18卒は
65.2%!!!

え・・・うそでしょ・・・

まわりの友達はみんな参加してないとか言ってたけど、実は嘘で、本当は参加してたんだ・・・卑怯者ッ!!

 


さらに、参加目的というと・・・

 

参加目的》
●自分が何をやりたいのか見つけるため。
●志望企業・志望業界を知るため。   
●仕事に対する適正を知るため。等々  

 

キャリブロより参照

 

なるほど・・・就活に対して、受身ではなくて積極的にアクションを起こしていることがうかがえますね。
インターンは遊びでも思い出作りでもないことが分かりました。

ここまで見て、既にお気づきの人もいるでしょうが、よく友達がいう「インターンに参加してきたけど、べつに普通だったよ~。行かなくてもいいんじゃない~?」とかいうのは罠です。

すでに就活という戦いは始まっているのです。

 

さて、学生側のインターン事情を知ったところで、ここからは本題の「企業がなぜインターンシップを開催するのか?」について話したいと思います。

 

企業は何を目的としてインターンを開催するのかというと、

 

①社会貢献と企業PR

②ミスマッチの防止

③優秀な人材の確保

キャリアパーク!就活より参照

 

この3つが主要な目的だそうです。

 

なるほど・・・企業にも企業なりの目的や意図があるんですね。

私はてっきりインターンの開催目的は、就活生の応援だと思っていました・・・。
企業側の意図も理解した上でインターンに参加したほうがより有意義なものになるのは間違いないですね。

 

注目すべきは三番目!インターンにいって実際に優秀な人材をスカウトするなんて都市伝説だと思ってましたが本当にあるんですね。

自分の成長のためにインターンに参加して、そこで企業側から内定を貰えたりしたら何だかお得だと思いませんか?

 

 

あ~あ、そんなことなら私も3年生の夏にインターンやセミナーに参加してもっと早くから就活をスタートすればよかった・・・

 

※ちなみに就活のスタートが遅いとこうなります。(全て実体験に基づく)

・自己PRが分からず「ノリが良い」とかいっちゃう。もちろん落ちる。

・エントリーシートの書き方が分からない上に文字数が少ないため、小学生の感想文みたいな仕上がりになる。もちろん落ちる。

・筆記試験(SPI)はえんぴつを転がす。もちろん落ちる。

・時間を巻き戻す方法をネットで検索しだす。

・宝くじを無駄に買う。

・涙で明日が見えない

 

私の場合、就活序盤でウィンキューブに出会えたから変わることができましたが、そうではなかったらずっと上記の状態だったと思います。
インターンに参加する予定がない人は考えを改めたほうが良いです。

インターンだけが全てではないですが、就活の情報を集めるには一番手っ取り早く効率的であるのは間違いないです。

就活は本当にあっという間にはじまります。
なんならもうはじまっています。

早くスタートを切った人間が就活を制すといっても過言ではありません。

 

じゃあどういうインターンに参加すればいいんだろう?

 

結論からいってしまえば、弊社のインターンシップセミナーです。
え?なに?宣伝じゃねーか?
しかも、インターンじゃなくてセミナーじゃねーか?

はいその通りです。

でも安心してください。

おすすめできる理由がしっかりあるんです。

そもそもインターンに参加する目的ってなんでしたっけ?

●自分が何をやりたいのか見つけるため。
●志望企業・志望業界を知るため。
●仕事に対する適正を知るため。

この3つでしたよね?

ウィンキューブのインターシップセミナーは、たった半日参加するだけで、マーケッターの考え方を体感できる(プチ就業体験)+就活の心構え&必勝スキルを身につけることができるから目的に合致します!

いきなりスタンダードなインターンに参加するよりもまず、ウィンキューブのインターンに参加にしてからのほうが、より確実な目的を持ってその後参加するインターンに臨めると思います。

しかも、ウィンキューブのインターンセミナーは他の企業とは一味違います。
いや、四味くらい違います。だからこそ自信を持っておすすめできます!

 

具体的に何が違うのかというと、

 

・マーケティングを極め、その力で設立7年で年商20億円まで上り詰めたウィンキューブホールディングスだから教えられる、マーケティング論に基づいた就活必勝法である。

 

・元リクルート社員だった人事採用統括責任者である萩原さんだからこそ話せる、「え?そんなところ!?」と思わず驚くような話や、意外と大事なエントリーシートのあの部分の話など、就活生が気づけないようなことを直接聞くことができる!
※ちなみに萩原さんってこんな人
http://rec.win-cube-holdings.co.jp/interview/win-cube/%E8%90%A9%E5%8E%9F-%E6%99%83%E5%B9%B3/

 

・就活本やキャリアセンターでは絶対に教えてくれない採用する企業側の就活セミナーだから参加することで他の就活生と差をつけられる

 

・インプットするだけではなく、インプットした以上にアウトプットさせる実践的なワークを多く含んでいるので、スキルを身につけるだけではなく生かすことができるようになる

 

なぜここまでするのか?

それは、企業PRやミスマッチの防止、優秀な人材の確保といったような理由だけでなく、参加する人全員の成長を後押ししたいという強い気持ちがあるからです。
ウィンキューブは何よりも「人」を大切にする会社です。
「成長したい!」「変わりたい!」という熱い気持ちを持っている方を、全力で受け止めます!

 

ちなみに、これも重要なポイントなのでお伝えしますね。

お菓子食べ放題です。

わ~い!

イカなのにメンタイ風味の駄菓子がおいしいです。

 

エントリーはお早めに!!

実はもうすでにインターンの応募が始まり、すでに応募してくれている学生さんもいます。

席に限りがありますので、まだ分からないと思っている方もとりあえずエントリーだけでもしてみませんか?
一人が不安ということでしたら友達と一緒に参加していただいてもかまいません。

 

エントリーはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r577371081/internship/

たくさんのエントリーお待ちしております!一緒にお菓子食べましょう!

間違えた、最高の夏にして来年は内定通知乱舞しましょう!

ちなみにインターンや採用の最新情報はツイッターで更新しています。
ぜひ、フォローお願いします!

以上です。お読みいただきありがとうございました!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です